バーベキューの食材におすすめの魚介類8選!旬の時期や調理法も解説します。|合同会社Ties

魚介類は、バーベキューの食材に必須ですよね!

炭火で焼くと海鮮のいい香りが広がり、旨味の凝縮された味わいに変化します。

家の料理では体験できないような、豪快な焼き方ができるもバーベキューの醍醐味です。

この記事では、バーベキューで魚介類を楽しみたい人のために、バーベキューにおすすめの食材について解説します。

それぞれの食材の旬の時期や、おすすめの調理法も併せて紹介するので、興味のある方は必見です。

ぜひ最後までご覧ください。

バーベキューで定番の食材といえば?

バーベキューの食材選びは、友人や家族とワイワイ盛り上がりながら選べる楽しい時間でもあります。

しかし、「食材がありすぎてどれを選べばいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

ここではそんな方のために、バーベキューで定番の食材を解説していきます。

バーベキューの食材におすすめの魚介類8選!旬の時期や調理法も解説します。|合同会社Ties

肉類

バーベキューの食材といえば、王道はやはり肉類。

牛肉や鶏肉、豚肉、ジンギスカンなど、肉の種類によってさまざまな味を楽しめるので、その場にいる人が全員楽しめる食材です。

ウインナーやフランクフルトなどの加工肉は、子どもも楽しめます。

魚介類

肉と同じくらい王道のバーベキューの食材と言えば、魚介類です。

貝類やエビなどは、火を通すことで余分な水分が抜け、旨味が凝縮されて深い味わいになります。

焼いている姿もダイナミックで、インスタ映え間違いなしです。

野菜

肉や魚介類の影に隠れがちですが、野菜もバーベキューに欠かせない食材です。

野菜は加熱すると甘味が増す食材が多く、バーベキューとの相性も抜群。

夏はとうもろこしやナスなど、その時期旬の野菜を取り入れるのがおすすめです。

主食

お腹を満たすには、主食も大切。

定番で言えばおにぎりやカレーなどの米類ですが、トーストやホットドッグなども、網に乗せるだけで簡単に調理できます。

最近ではスキレットを使って、パスタやパエリアなど、インスタ映えするようなおしゃれな主食を用意する人も多いです。

スイーツ

ご飯を食べた後、やはり欠かせないのがスイーツです。

バーベキューでは、焼きマシュマロが定番です。

チョコレートやビスケットをちょい足しすることで、バリエーション豊かに楽しめます。

また、リンゴやさつま芋などは、アルミホイルで包んで焼くだけで甘味が凝縮し、濃厚な味わいに変化するのでおすすめです。

特に美味しいのが、魚介類!

数あるバーベキューの食材の中でも、特におすすめなのが魚介類。

網に乗せた時に漂う香ばしい磯の香りは、匂いを嗅ぐだけでお腹がすいてきます。

ヘルシーで健康的な魚介類は、近年人気の食材で、魚介類だけでバーベキューを楽しむ人もいます。

バーベキューの食材におすすめの魚介類8選!旬の時期や調理法も解説します。|合同会社Ties

バーベキューの食材にぴったり!おすすめの魚介類8選

ここからは、バーベキューの食材にぴったりな、おすすめの魚介類を8選紹介します。

焼き方や調味料を工夫するだけでも、美味しさが変化します。

【旨味が凝縮された贅沢な味わい!】毛蟹

毛蟹は、ずわい蟹やたらば蟹と比べると身が小さく、剥きずらい印象があります。

しかしギュッと旨味が凝縮された身は甘味が強く、バーベキューの食材におすすめ。

特に美味しいのが、蟹味噌。

濃厚な深い味わいで、火が通りはじめて、網の上でフツフツと湧いている蟹味噌は絶品です。

【香ばしい香りが食欲を誘う】帆立

帆立は、網の上に殻ごと置いて口が開くを待つだけなので、調理が簡単なバーベキューの食材です。

焼くと徐々に出汁が出てくるので、最後の1滴まで楽しめます。

プリっと柔らかく、食べ応えがあるのもポイント。

醤油や酒、もしくはバターを乗せてコクを加えると、さらに美味しく食べることができます。

【実はバーベキューと相性抜群!?】いくら

「バーベキューの食材にいくら?」と疑問に思う人も多いですが、実はバーベキューとの相性がいい食材です。

そのままはもちろん、ご飯の上に乗せていくら丼にしても楽しめます。

また、うにや帆立の上に乗せてトッピングとして使うと、それぞれの食材の旨味がさらに増すこと間違いなし。

見た目も美しく、目でも楽しめるバーベキューの食材です。

【ボリューム満点!インスタ映え】たらば

ボリューミーで食べ応えのあるたらば蟹は、大人数でワイワイ楽しむバーベキューにぴったりの食材です。

そのままでも美味しいですが、火を通すことで身の水分が程よく抜けて、旨味が濃縮されます。

優しい甘味で、焼肉のタレとも相性がいいですよ。

【高級蟹を豪快に!】ずわい

高級なイメージのある、ずわい蟹。

そのまま食べたいという人もいるかもしれませんが、実は数ある蟹の中では、バーベキューの食材に向いている蟹とも言えます。

ずわい蟹は火を通しても殻に身がこびりつきにくく、スルッと取り出して食べることができます。

ふっくら柔らかく、蟹味噌もたっぷり入っているのでおすすめです。

【バーベキューの王道食材!】シバエビ

スーパーでもよく見かける、普段から馴染みが深いシバエビ。

エビの風味が強いのが特徴で、甘味があります。

シバエビは生で食べるよりも、熱を通すことで旨味が増すため、バーベキューの食材としておすすめです。

比較的安価なので、たくさん買って大人数で楽しめますよ。

軽く下茹でをしてから網に乗せると火の通りも早く、香ばしい味わいになります。

【簡単なのに美味しい!】フグの唐揚げ

揚げ物もバーベキューでテンションが上がる料理のひとつです。

中でもおすすめなのがフグの唐揚げ。

食べやすいサイズにカットされたフグを唐揚げの調味料を揉み込み、小麦粉と片栗粉につけて揚げるだけです。

スキレットに油を入れて網に乗せておけば、別の食材を焼いているその横で完成します。

焼き物が続く中、味変用としてもぴったりの食材です。

【ウニの中でも特に濃厚な味わい!】 エゾバフンウニ

エゾバフンウニは、小ぶりながら身がしまっていて、とろけるような濃厚な味わいが特徴です。

殻のまま網に乗せるだけで食べられるので、簡単に調理ができます。

焼きすぎると身が小さくなってしまうので、火がほんのり通ったくらいが食べ頃。

お酒のアテとしてもピッタリなので、バーベキューにおすすめの食材です。

バーベキューの食材の旬の時期って?

バーベキューの食材にぴったりの魚介類。

せっかくなら、一番美味しい時期に食べたいものです。

ここからは紹介したバーベキューの食材の旬の時期を紹介します。

毛蟹(1年中)

毛蟹は基本的に北海道でいつでも水揚げされており、1年中通して食べられる食材です。

しかし、産地によって水揚げの時期は異なります。

オホーツク海や宗谷側では3月〜6月頃、噴火湾側では7月〜8月頃、釧路や根室側では9月〜12月頃、十勝や日高側では12月〜2月頃です。

帆立(5月〜8月、12月〜3月)

帆立の旬は2回あり、貝柱が成長する5月〜8月頃、卵が発達する12月〜3月頃が美味しく食べられます。

特に5月〜8月頃は大きく甘味も増すので、バーベキューの食材としておすすめです。

いくら(9月〜11月)

いくらの旬は9月〜11月頃で、最も味のバランスがよく食感もプリっとしています。

秋あたりの、涼しくなる時期に行うバーベキューの食材にぴったりです。

たらばら(4月〜5月、11月〜2月)

帆立同様、たらば蟹の旬も2回あります。

1度目が4月〜5月頃で、甘味の強い味わいが特徴です。

2度目が11月〜2月頃で、ギュッと締まった食べ応えのある食感になります。

ずわい(11月〜3月)

ずわい蟹は、オスとメスによって旬の時期が少し違うのが特徴。

ほぼ同時期ですが、メスが11月〜1月頃、オスが11月〜3月頃と、オスの方がやや長く楽しめます。

どちらにしろ冬なので、寒い時期のバーベキューの食材としておすすめです。

シバエビ(10月〜4月)

シバエビの旬は10月〜4月頃です。

旬の時期が長いので、バーベキューの食材としても長く楽しむことができます。

冬は身が小ぶりで、春だと身が大きくなるので、好みによって購入する時期を変えましょう。

フグ(11月〜3月)

フグの旬は、11月〜3月頃です。

旬にとれるフグは身が引き締まっており、唐揚げにするとプリっとした弾力があります。

まるでお肉のような歯ごたえで、淡白な優しい味わいが、焼肉のタレともマッチしますよ。

エゾバフンウニ(7月〜9月)

エゾバフンウニの旬は、7月〜9月頃です。

この時期のエゾバフンウニは苦味やクセも感じにくく、トロっと濃厚な味わいが特徴。

バーベキューの食材として、いいアクセントになります。

バーベキューの準備!食材はどう調理したらいいの?

アウトドア料理は、家での調理と勝手が違いますよね。

バーベキューの食材は、どのように調理するのがいいのでしょうか。

ここでは、バーベキューの食材を調理する際のポイントを紹介します。

人数分よりも少し多めに準備

バーベキューで食材を用意する時は、人数分よりも多めに準備しておきましょう。

バーベキューを行う場所にもよりますが、スーパーがすぐ近くにないことも多く、後から買い足すのが困難です。

せっかくのバーベキューなのに、食材が足りないと盛り下がってしまいます。

途中でバーベキューが中断してしまわないためにも、人数分+1人分くらいの量を用意することをおすすめします。

「多めに用意すると余るからもったいない」と思うかもしれませんが、余った分はバーベキューの参加者の中で分けて持ち帰れば問題ありません。

下ごしらえで当日の調理が楽に

バーベキューの食材を調達してから時間に余裕があれば、下ごしらえをしておきましょう。

アウトドアでの料理は家とは勝手が違い、準備にも時間がかかってしまいます。

食材を一口大に切ったり、下味をつける、不必要な殻を剥いておくなどの下ごしらえが大切です。

バーベキューの食材を下ごしらえをしておくことで、当日はスムーズに焼き始めることができます。

余計な調理器具を持っていく必要もありません。

調味料の工夫で、バーベキューの食材がさらに美味しく!

バーベキューの食材の美味しさを、さらに引き立てるのが調味料です。

調味料を複数用意することで、同じ食材でもまた違った味わいを楽しむことができます。

王道の調味料は、焼肉のタレ、塩こしょう、バター、醤油、酒など。

調味料同士を混ぜ合わせて、好みの味を作れるのも醍醐味のひとつです。

最近では、最初からさまざまなスパイスが調合されて、ただ振りかけるだけでバーベキューの食材が深い味わいになるような調味料も増えています。

バーベキューの食材はどこで購入する?

バーベキューの食材の購入場所は、バーベキューをどのように楽しみたいかによって違います。

気軽にみんなでワイワイしたい場合、スーパーでの買い出しでOK。

本格的な味わいを楽しみたいのであれば、肉や魚の専門店での購入や、ネットでの取り寄せがおすすめです。

またコストコや業務スーパーであれば、業務用サイズの食材も豊富。

大人数で楽しむバーベキューにぴったりなので、ぜひ利用してみてください。

バーベキューの食材におすすめの魚介類8選まとめ

バーベキューの食材におすすめの魚介類についてまとめました。

いつも食べている食材でも、アウトドアの場で食べるとまた違った味わいを楽しめます。

旬の時期を意識したり、下準備をしっかりすることで、よりいっそう美味しい海鮮が楽しめますよ。

この記事を参考に、ぜひ海鮮バーベキューを楽しんでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です