妊娠中に海鮮は食べてはいけない? 注意すべき海鮮の種類と食べ方|合同会社Ties

妊娠中は、毎日の体重管理で食事に気を遣いストレスがかかってしまいます。

そんな中、海鮮をたまには食べたいと思っても、食中毒の心配で食べるのを辞めようと思うママさんも多いと思います。

本記事では、そんなママさんの不安を取り除けていけると嬉しいです。妊娠中でも安心して食べられる海鮮について解説していきます。ぜひ参考にしてください。

妊娠中に注意すべき海鮮の種類

妊娠中に、海鮮を絶対に食べてはいけないということはなく、食べることは全然悪いことではありません。

しかし、好きな海鮮を好きなだけ食べてもいいわけでもなく、海鮮の種類によって有害な物質を含んでいるものや食中毒の原因になる寄生虫も多く持っているものもあります。

万が一知識がない状態で、好きなだけ食べてしまうとお腹にいる赤ちゃんにまで影響が出てしまう可能性があります。

そのため、きちんと海鮮の種類を選んで食べることが大事になってきます。では、どの海鮮に注意すればいいのでしょうか?

以下に有害な物質を含む海鮮と食中毒の原因になる海鮮について解説していきます。

有害な物質を含む海鮮

有害な物質を含む海鮮は2種類あり、マグロやカジキなどの大型肉食魚とイルカやクジラなどの海洋哺乳類になります。

この2種類は、海の中にある水銀を体内に蓄積してしまいます。水銀は通常摂取しても体にたまり続けることはなく、尿や便から排泄されます。

しかし、妊娠中だと話は変わってきてしまいます。妊娠中のママさんが水銀を摂取してしまった場合、胎盤を通過して赤ちゃんに水銀がいってしまいます。

さらにママさんが水銀を排泄できても赤ちゃんは排泄する機能がないため、どんどん溜まってしまい発育に影響が出てきてしまうと言われています。

赤ちゃんに水銀が溜まっても社会生活に支障が出るほどの重篤な症状はないとされていますが、発育不全という不安要素があるのは間違いないため摂取には注意が必要です。

食中毒の原因になる海鮮

生の海鮮には、リステリアやノロウイルス、腸炎ビブリオ、アニサキスといった食中毒を引き起こす原因になるものが多く存在します。

食あたりや食中毒を引き起こして下痢や嘔吐などの症状が発生します。下痢や嘔吐によって体から水分が出てしまい脱水症状に陥ってしまう可能性があります。

下痢や嘔吐がひどくなってしまった場合は、早めに病院へ受診するようにしてください。

では、どの海鮮に多く含まれているのでしょうか。これらの細菌や寄生虫について一つずつ解説していきます。

リステリアは、生のイカに多く含まれていることがあります。初期症状は、インフルエンザに近いと言われています。発熱から頭痛や嘔吐が出現し症状は重くなっていきます。

妊婦の場合は正常な人よりかかりやすく流産や早産、死産になってしまうことがあります。

ノロウイルスは、生の二枚貝によく汚染されていることがあります。皆さんもよくご存知だと思いますが、ノロウイルスの特徴は突如襲ってくる下痢と嘔吐です。

感染力も強いため、看病している家族にも移ってしまうことがたびたび見られています。

腸炎ビブリオは、生の海鮮を調理した際に触った手やまな板、包丁を介して二次感染してしまいます。

症状は、下痢や嘔吐、発熱、吐き気などです。塩分を好むようで、3%の塩分濃度で増えていくようです。

アニサキスは、サバやイワシ、カツオ、サケ、イカ、サンマ、アジなどの魚介類に寄生します。

これらの寄生した魚を不十分な冷凍や加熱の状態で食べてしまうと感染してしまいます。しっかりと冷凍や加熱を行うことで死滅します。

アニサキスが人間に寄生するとお腹の激しい痛みに襲われます。取り除くか、便で排泄されるかでしか除去はできません。

排泄されるまでは、痛みに耐えるか、病院で取り除くようにしてください。

食中毒を妊婦の方が引き起こしてしまうと、元々体重の軽いママさんは赤ちゃんも危険に晒してしまいます。

低体重でアルブミンが低い、低栄養状態の妊婦の方ではさらに栄養を摂ることが困難になってしまい、赤ちゃんにまで栄養がいきにくくなってしまいます。

食中毒になっても妊婦の方は、飲める薬も少なく治癒されるまで辛いことになると思います。危険な海鮮を熟知しておき、注意するようにしてください。

妊娠中におすすめの海鮮の種類

妊娠中は、生の海鮮は避けて茹でたエビやイカ、タコ、カニなどがおすすめです。基本的に生のものは食べないようにしたほうがいいです。

先ほど紹介した水銀が含まれた海鮮と食中毒の原因になる海鮮は特に注意するようにしてください。

水銀が含まれている海鮮は、1週間に80gと決まっています。80gは、ひと切れ程度だと思っておいてください。

お寿司屋に行った場合は、食中毒になってしまう原因である生モノは避けるようにしてください。

納豆やかっぱ巻き、かんぴょう巻き、玉子巻き、ツナマヨ巻きを中心に加熱や茹でてある海鮮を食べるようにしましょう。

加熱もレアな感じで焼いているのは避けるようにして、しっかりと火が通っているものにすれば安全に食べられます。

お寿司のように生が中心の海鮮は、あまり食べられませんが、赤ちゃんに悪影響を及ぼさないためにも、生は避けて選ぶようにしてください。

妊娠中に海鮮を食べる際の注意点

妊娠中の海鮮類は何を食べればいいのか解説してきました。それでもどうしてもお寿司を食べたいという妊婦さんに、食べる際に注意してほしいことを解説していきます。

外食する場合は、清潔なお店を選ぶ

清潔なお店だと毎回こまめにまな板や包丁を洗ったりしているため、食中毒へのリスクが低減されます。

生の魚介は避けてるようにする

生の海鮮は避けるようにして、加熱か茹でてあるもの。食べるようにしてください。

自分で調理する

お店とは違い、まな板や包丁などが汚染されることはあまりないため、自分で調理するのが安全と言えるでしょう。

海鮮料理のレシピ例

妊婦中は、お寿司が大好きな方だと食べられなくてストレスになってしまうと思います。そこで、生モノ以外で作る海鮮料理をご紹介します。

妊娠中に海鮮は食べてはいけない? 注意すべき海鮮の種類と食べ方|合同会社Ties
A delicious seafood bowl with beautiful tuna

ちらし寿司

妊婦中でもお寿司感覚で味わうならちらし寿司がおすすめです。生魚は、一切使わずに茹でた海鮮を使用して作ります。

①酢飯を作る

ご飯を炊いたら、すしのこ、いりごまを入れてよくかき混ぜてください。

②えびを茹でる

背ワタを取った生エビや冷凍のエビを使用します。沸騰したお湯で茹でて、茹でたら冷ましておいてください。

③お好みできゅうりや厚焼き卵を用意する

④カニカマを用意する

⑤盛り付ける

酢飯をお皿に移して、用意したエビやカニカマなどを盛り付けて完成です。

マグロのステーキ

マグロも火を通せば、妊娠中でも食べることはできます。丼にして食べるのもおすすめです。

①フライパンでバターを溶かす

②マグロを焼く

③火が通ったのを確認して完成です

醤油とわさびをつけて食べると美味しいです。ステーキに使うようなソースでも美味しく食べることができます。

まとめ

妊娠中に注意すべき海鮮やおすすめの海鮮、食べる際の注意点などをご紹介しました。

妊娠中は、食中毒になりやすいため、なるべく生モノは避けるようにしてください。

海鮮が大好きな方だと辛い毎日だと思いますが、赤ちゃんのことを考えて注意して食べるようにしましょう。

生モノを避けるなど注意さえすれば、妊娠中でも海鮮は楽しめます。ぜひこの記事を参考にしていただき、おいしい海鮮を味わってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です