手作り海鮮丼は簡単に作れる?おすすめレシピ5選と基本の作り方|合同会社 Ties

海鮮丼を手作りするとなると「作るのが難しそう。」という方もいらっしゃるかもしれません。ただ、海鮮丼はご飯と刺身、タレを用意するだけで作れるので、実はハードルは低いです。また、海鮮丼を手作りすれば、自分の好きな刺し身だけ乗せたり、好みのタレを利用したりなど、オリジナリティが出せるのも魅力です。今回は、手作りの海鮮丼の基本レシピやアレンジレシピなどご紹介しますので、ぜひ手作りにもチャレンジしてみてください。

手作りの海鮮丼は簡単!

手作り海鮮丼は簡単に作れる?おすすめレシピ5選と基本の作り方|合同会社Ties

手作りの海鮮丼を作るなら、必要なのは「酢飯や刺身を準備する」「刺身を切る」「ご飯を盛りつける」「刺身を乗せる」の4ステップでOKです。海鮮丼と一口に言っても、いろいろな作り方がありますが、以下に一般的な作り方をご紹介しますので、参考にしてみてください。

【材料】

白いご飯…丼1杯

刺身…10切れほど

刺身用の醤油…適量

わさび…少々

刻み海苔…適量

【作り方】

1:刺し身がブロックなら分厚くならないように切り、切り身ならそのまま使います。

2:丼に白いご飯か酢飯を盛りつけましょう。

3:刺し身を彩りがよくなるように盛りつけます。

4:わさびなど適量トッピングして、醤油をかけたら完成です。

このような感じで、ご飯と刺し身、醤油があれば、誰でも簡単に海鮮丼が作れます。刺し身も切ってあるタイプなら、そのまま盛りつけるだけと簡単です。ご飯は温かい派の方と冷たい派の方がいらっしゃると思うので、お好みで選んでみてください。

基本となるたれのレシピ

手作りの海鮮丼のポイントともなるのが、美味しいタレです。醤油ベースのレシピですが、覚えておくと、いろいろな海鮮丼に使えると思いますのでご紹介します。

【たれの材料】

醤油…大4

酒…大さじ2

みりん…大さじ2

砂糖…大さじ2

水…100cc

顆粒だし…小さじ1/2

【作り方】

1:酒とみりんを1~2分沸騰させ、湯気が出る程度の弱火にしたら、しっかりとアルコールを飛ばします。

2:次に、醤油、砂糖、水、顆粒だしを鍋に加えたら、再度沸騰させましょう。

3:保存用の容器に入れて、冷蔵庫で保存すれば完成です。

甘辛い濃い目のだしが好みの方におすすめのレシピです。タレがなくても市販の刺身醤油でも美味しくできますが、ぜひタレにもこだわって海鮮丼を手作りしてみてください。

酢飯の基本レシピ

酢飯を使うかどうかは自由ですが、お店のような海鮮丼が作りたいなら、酢飯も自作してみましょう。

【酢飯の材料】

米…1合

A:砂糖…10g

A:塩…3g

A:酢…大さじ1.5

昆布…5cmほど

【作り方】

1:Aの材料を混ぜ合わせてから、昆布をひたして倍以上の大きさになったら取り出しましょう。

2:寿司桶に水を張って、桶に水分がしみ込んだら、しっかりと水分を拭き取ります。

3:炊き立てのご飯を桶に入れ、1で作った寿司酢を加えて切るようにして混ぜます。

4:酢飯がなじんだら、うちわであおいで冷まし、再度大きく混ぜたら、再度うちわであおぐのを繰り返して完成です。

酢飯は冷やさないと、刺し身に火が通ってしまいます。また、うちわであおぎながら混ぜると、米が練られてしまい、美味しい酢飯になりません。

海鮮丼の盛り付け方の基本

海鮮丼の盛りつけ方では、立体的に盛る必要はなく、基本は下の米が見えなくなるくらいまでしっかりと広げることです。お米が見えないのが贅沢とされているので、隙間からご飯が見えないように盛りつけましょう。できれば、丼の丸みを生かして、円形に広げながら盛りつけると、より美味しく見えます。

トレーに入れたままはNG

スーパーなどで刺し身を買うと、お得に見えるように大き目のトレーに広げてあるだけなので、そのまま盛りつけると、ご飯に隙間が見えてしまいます。そのため、トレーに入れたままではなく、必ず取り出して、より美味しく見えるように盛り付けをし直しましょう。もし盛り付けの参考にするなら、トレーではなく、同じスーパーでも海鮮丼の盛り付けを参考にしてください。

刺身から作る手作り海鮮丼のレシピ5選

刺し身を買ったら、すぐに作れるのも海鮮丼の魅力ですが、その中でもおすすめの海鮮丼のレシピをご紹介します。簡単に作れるものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

レシピ①:簡単 海鮮丼

手作り海鮮丼は簡単に作れる?おすすめレシピ5選と基本の作り方|合同会社Ties

酢飯を作って、後はスーパーや通販で買った刺し身を乗せるだけでも簡単に海鮮丼は作れます。鮮度の良い刺し身が手に入った時におすすめのレシピです。

【材料:1人前】

お好きな刺し身…2切れずつ

青じそ…1枚

きゅうり…10gほど

お好みのトッピング…適量

☆酢飯

米…1合

昆布(3×3cm)…2g

酢…20cc

砂糖…大さじ1

塩…小さじ1/2

【作り方】

1: 炊飯釜に米を入れ、水を1合の目盛りまで注いだら、昆布も入れて炊飯器のスイッチを押します。

2:ボールに寿司酢の材料を混ぜ合わせ、炊いた米をボールに移し、しゃもじで切るように混ぜましょう。

3:うちわであおぎながら、酢飯を人肌まで冷まし、器に盛りつけます。

4:その上に、刺し身やトッピングを飾ったら完成です。

【ワンポイント】

刺し身やトッピングはお好きなもので大丈夫ですので、手作りならではのオリジナリティを楽しみましょう。酢飯を作るのが面倒なら、スーパーに置いてあるものを使えば大丈夫です。

レシピ②:まぐろの漬け丼

醤油やみりんで作った漬け汁に漬け込んだまぐろを使う、簡単にできる海鮮丼です。たれが必要ない分、味の濃さは漬け汁の濃さや漬ける時間によっても変わります。

【材料:2人分】

まぐろ…1冊

大葉…6枚ほど

①醤油…大さじ3

①みりん…大さじ1.5

①調理酒…大さじ1.5

①ほんだし…小さじ2

白ゴマ…お好みで

卵黄…2個

【作り方】

1:まぐろを包丁で切って、薄めにスライスし、刺し身にしましょう。

2:①の調味料を火にかけて、しっかりとアルコール分を飛ばします。

3:2の調味料を冷まし、まぐろの刺身を冷蔵庫で30分ほど、漬け込みましょう。

4:まぐろを冷蔵庫から取り出して白ごまを振ったら、丼にご飯、まぐろ、大葉、卵黄の順に盛りつけて完成です。

【ワンポイント】

調味料をしっかりと冷ましてからでないと、まぐろに火が通ってしまいます。必ず、漬けの汁はしっかりと冷まし、味を染みこませるためにも、冷蔵庫でなじませるようにしてください。

レシピ③:タレが激ウマ海鮮丼

手作り海鮮丼は簡単に作れる?おすすめレシピ5選と基本の作り方|合同会社 Ties

2種類の調味料で、激ウマのタレが完成する海鮮丼です。材料も少な目で作れるので、ぜひお好きな刺し身で楽しんでみてください。

【材料:2人分】

マグロ(刺身用)…2人分

鯛やイカなどのお好みの刺身…2人分

刻み海苔や大葉…お好みで

☆醤油…大さじ3

☆みりん…大さじ3

ご飯…丼2杯分

【作り方】

1:ボールに☆印の材料を混ぜて、絶品タレを作ります。

2:切った刺し身類を、1の漬け汁に加え、10分以上かけて味を染みこませましょう。

3:炊いたご飯の上に刻み海苔を乗せ、2のタレを少量かけておきます。

4:その上に、刺し身を広げて乗せ、全体にもタレを回しかけたら、刻み海苔や大葉を飾って完成です。

【ワンポイント】

漬け丼の一種ですが、タレの材料が少な目なので、家にある材料ですぐに作れます。お好きな刺し身でいくらでもアレンジできますし、タレの材料が2種類しか必要ないので、急なお客様が見えたときなどにも便利です。

レシピ④:タコと帆立とまぐろの海鮮丼

手作り海鮮丼は簡単に作れる?おすすめレシピ5選と基本の作り方|合同会社Ties

定番のまぐろにタコとホタテを組み合わせた漬け丼です。たまり醤油がポイントで、色は濃くなりますが、味はまろやかになるのでおすすめです。

【材料:2人分】

マグロ(切り身)…10切れ

蒸しホタテ(小)…4個

タコぶつ切り…適量

A:たまり醤油…大さじ4

A:本みりん…大さじ2

A:三温糖…大さじ1

A:生姜千切り…少々

白ごま…適量

玉ねぎ…1/4個

ゴマ油…大さじ1

塩…少々

青のり…少々

ご飯…適量

【作り方】

1:刺し身のまぐろとホタテ、タコは水気をキッチンペーパーで取り除いておきましょう。

2:Aの材料をZIPロックの袋に入れ、袋の外から手でもみこんで、漬け汁を作ります。

3:1の刺し身などを袋に加えたら、袋の空気を抜いて、40分ほど漬け込みます。

4:玉ねぎはスライスした後水にさらし(20分ほど)、その後水切りをして、キッチンペーパーで水気を取っておきましょう。

5:スライス玉ねぎとごま、塩、ごま油を混ぜ合わせておきます。

6:丼にご飯を盛りつけ、刺し身なども盛りつけたら、ごまと青のりを振りかけて完成です。

【ワンポイント】

玉ねぎはそのままだと辛みが強くなるので、水にさらした後水気を拭き取ることで、辛みを感じなくなります。まぐろだけでなくタコやホタテも入った、少し豪華な海鮮丼です。

レシピ⑤:海鮮丼の卵とじ

手作り海鮮丼は簡単に作れる?おすすめレシピ5選と基本の作り方|合同会社 Ties

こちらのレシピは、海鮮丼なのに生の刺身を使いません。親子丼の海鮮バージョン風で、冷凍のシーフードミックスを使います。刺し身などの生魚が苦手な方向けの海鮮丼です。

【材料:2人分】

シーフードミックス(冷凍)…120g

白ネギ…1/2本

<調味料>

だし汁…大さじ4

醤油…大さじ3

みりん…大さじ5

溶き卵…3個分

炊き立てご飯…茶碗2杯分

【作り方】

1:白ネギは、薄めの輪切りにしましょう。

2:小鍋に、調味料の材料を入れて火にかけ、煮たったら冷凍のシーフードミックス、白ネギを加えて加熱します。

3:2/3量の溶き卵を回しかけ、卵が固まったら、残りの卵を入れて、半熟になるまで蓋をして火を通しましょう。

4:ご飯を器に盛りつけたら、完成です。

【ワンポイント】

シーフードミックスは冷凍のままでもOKですが、時短にしたいなら、あらかじめ冷蔵庫で自然解凍しておきましょう。卵を二度に分けて入れることで、ふわっとした卵が楽しめます。

海鮮丼をさらに美味しくする方法

手作り海鮮丼は簡単に作れる?おすすめレシピ5選と基本の作り方|合同会社 Ties

手作りした海鮮丼は、手間をかけた分市販の海鮮丼よりも美味しく感じますよね。そんな海鮮丼をさらに美味しくする方法を以下にご紹介します。

醤油につけてから戻す

海鮮丼をお店で食べる時には、小皿が付いてきますが、その中に、醤油やタレを注ぎ入れて、刺し身などを漬け込んでみましょう。その後に、もう一度ご飯の上に戻して食べると、ネタにしか醤油が付かないので、より美味しくいただけます。お店での例ですが、手作りの海鮮丼にも応用できますので、ぜひ試してみてください。

わさびは直接ネタにつける

薬味のわさびは、直接ネタ=刺し身につけた方が美味しくなります。よく見かけるのは、醤油にわさびを溶かす方法ですが、わさびを醤油に溶かすと風味が落ちるのでおすすめできません。そのため、わさびはネタに直接つけて食べるようにするのがポイントです。

ご飯とネタを一緒に食べる

海鮮丼にはさまざまな刺し身が乗っていますが、せっかくの海鮮丼を別々に食べるのでは丼にする意味がありません。そのため、海鮮丼はご飯とネタを一緒に食べるようにし、刺し身では味わえない風味なども楽しんでみてください。

海鮮丼の具材を探すなら「Seafood Market 【Ties】」で!

手作り海鮮丼は簡単に作れる?おすすめレシピ5選と基本の作り方|合同会社 Ties

海鮮丼の刺し身などの具材を探すなら、おすすめはSeafood Market 【Ties】です。ホタテやいいくら、海老、タコなどなど、新鮮なご当地の名産品が探せます。旬の時期の目安としては、3下旬~8月なら「毛蟹」、5月~11月なら「帆立」、9月~11月なら「いくら」、たらば

やずわい蟹、シバエビなら年中、9月~12月なら「フグの唐揚げ」、6月~8月なら、「うに・エゾバフンウニ」などが取り寄せできます。

冷凍で年中提供も可能なので、ぜひお取り寄せも候補に入れてみてください。

まとめ

手作りの海鮮丼は、手間をかけた分、お店の海鮮丼とは一味違いますよね。好きな刺し身だけを乗せたり、タレをアレンジしてみたりなど、アレンジが自在なのも手作りの魅力です。作ってみると意外と簡単ですし、自分好みに作れるので、ちょっとしたご褒美ご飯にも海鮮丼はおすすめです。ぜひ、基本の酢飯の作り方やタレの作り方も押さえて、世界に1つだけの手作り海鮮丼を作ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です