海の幸たっぷり!BBQ好き必見の海鮮ランキング!|合同会社Ties

近年「おしゃキャン」や「ソロキャンプ」などが話題となり、コロナ時代を経て大注目なキャンプですが、キャンプに欠かせないのはなんと言ってもバーベキュー! バーベキューと言えばお肉が定番ですが、海の幸たっぷりのジューシーな海鮮を楽しむのも、バーベキューならではの贅沢なひとときですよね。 そこで今回は、家族や友人同士、もちろん1人バーベキューでも楽しめるような情報を紹介します♪

海の幸!ジューシーな海鮮BBQを堪能できるおすすめランキングTOP10と調理法

今回は、海鮮バーベキューが楽しめるおすすめの海鮮を厳選してランキングにしてみました。見た目も美しい、味わい深い料理がずらりと並ぶランキングをぜひご覧ください。 最高の思い出に残るバーベキューをしたい!そんなあなたにぴったりの海鮮バーベキュー食材と調理法をご紹介します。

10.ハマグリ

ハマグリは、火を通すことで出汁がたっぷりと出る、絶品の食材です。少量の調味料で、とても美味しくいただくことができます。プリプリとした食感と深い味わいが楽しめ、​​まさに、バーベキューの大定番と言っても過言ではありません! 今回はシンプルにハマグリ焼きをご紹介します♪

材料

・ハマグリ 5個

・レモン ¼

・醤油 大2

・酒 小½

・塩 少々

調理法

1.醤油、酒、塩を混ぜ合わせ調味料を作ります。

2.下処理をしたハマグリを、BBQコンロの上に置きます。  この時口が開かないハマグリはすでに死んでいるので、食べるのをお勧めしません。

3.口が開いたら貝柱をハサミで切り離し、調味料をかけます。

4.焦げない程度にお好みの硬さまで焼き、レモン汁をかけたら完成です!

9.サーモン:プランクグリル

海の幸たっぷり!BBQ好き必見の海鮮ランキング!|合同会社Ties

アメリカで大人気のプランクバーベキューをご存じですか?あなたも杉の板を使って、肉や魚をジューシーに焼いてみませんか?直接熱が食材にあたらないから、いつもと違った食感と風味が楽しめます。そして、杉の木の香りが食材に絶妙にうつり、まるで燻製のような味わいを実現してくれます。日本ではまだ浸透していないこの調理法、一度試してみる価値ありです!

材料

・プランク(杉板)1枚

・サーモン短冊 1切れ

・レモン 

・ローズマリー

・塩 ・コショウ

・オリーブオイル

・アルミホイル

・水、またはワイン、酒、サイダー

作り方

1.板をそのまま置いてしまうと、着火してしまうので1時間以上水に晒す必要があります。  水以外にも、ワイン、酒、サイダーなどに浸すと、はるかに美味しく仕上がります。 2.グリルを加熱します。ガスまたは炭のグリルを中間の間接熱、約 350°F に加熱します。 3.板をグリルの上に置き、サーモンの皮を下にして乗せ、オリーブオイルを薄く塗ります。  塩、こしょう、ローズマリー、レモンの皮または果汁で味付けし、アルミホイルでカバーするか、グリル に蓋がある場合は、蓋をして12-15分程度グリルします。 4.約12分後、サーモンの焼き加減を 確認し始めましょう。サーモンの中心が均一にピンク色になったら完成です。

杉の板の再利用

杉の板は、過度に焦げたり、ひびが入ったり、掃除ができなくなるまで再利用できます。 皮がこびりついた場合はこすり落とし、次に使用するまで乾かします。 ※参考:How To Grill Salmon on a Cedar Plank

8.牡蠣

焼いても蒸しても、生でも美味しい牡蠣ですが、厚みのあるぷりっとした身が口の中に濃厚な味わいを広げ、炭火で焼くと牡蠣本来の香りが際立ち、旨味が増します。ぜひご賞味ください♪

材料

・殻付きの牡蠣

・ポン酢や柚子胡椒などお好みの調味料

調理法

1.牡蠣の平らな面からじっくりと焼き上げます。約1〜2分程度焼いたら、ひっくり返します。そうすることで、殻が後々簡単に取り外せるようになります。

2.殻が開いて、身が白くなっていれば食べごろです。 この時殻が空いてこない牡蠣もありますが、同じタイミングで焼き始めた牡蠣であれば問題なく食べられます。

3.貝柱をハサミやナイフで切り、お好みの調味料をかければ完成です♪

美味しい牡蠣をお探しの方には【厚岸産】牡蠣がお勧めです! この牡蠣は、厳選された漁師さんたちが手間暇かけて育てた、まさに極上の逸品です!北海道の厚岸町で、長年培われた牡蠣の漁業の中でも、特に美味しいと評判の漁師さんのもとから、厳選された牡蠣をお届けします。一口食べると、その濃厚な味わいやジューシーな食感が広がり、まるで海の幸をそのまま味わっているかのような至福の時間を過ごせること間違いなしです!ぜひ一度ご賞味ください♪

https://sslwidget.thebase.in/items/59649191/widget?shop_id=Ties-official-ec

7.サザエ

こちらも定番のサザエ!壺焼きにして食べることでジューシーな味わいが楽しめます!

材料

・サザエ

・醤油

・日本酒

調理法

1.口を上にして網の上に置きますが、サザエを調理する際は火加減が大切です。 高温で一気に焼いてしまうと身が硬くなってしまいますので注意してください。

2.日本酒で下味をつけることで身が柔らかく仕上がります。

3.ぐつぐつと汁が溢れてきたら醤油を垂らして皿に移します。

4.硬い蓋ごと中身を取り出します。少し難しいですが、爪楊枝や竹串などを使って、くるくると上手に取り出してみてください! 上手くいけば最後までクルンと身を取り出すことができますよ♪

6.水蛸

噛めば噛むほど旨味が感じられる水蛸!刺身として食べるのももちろん美味しいですが、バーベキューで炭火焼きにするとさらに香ばしく深い味わいが感じられます。ぜひ一度試してみてください!

材料

・ボイルされた水蛸 ・サラダ油 大さじ1 ・塩胡椒 適量 ・竹串

調理法

1.塩胡椒、サラダ油を混ぜ合わせ調味料を作ります。

2.水蛸を一口大に切り、竹串に刺し、網に載せます。

3.焼き目が付くまでじっくり焼いたら調味料を塗り完成です! 温かいうちに食べてください♪

美味しい水蛸をお探しのみなさんにお勧めしたいのが、北海道産地直産、世界最大種の「ミズダコ」です♪ 柔らかく、噛むほどにタコの風味を味わえます。世界最大種の水蛸の大きくて太いタコ足を、1本丸ごとボイルしてあります。もちろんお刺身としても食べられますので、自慢の水蛸をぜひご賞味ください!

https://sslwidget.thebase.in/items/59648965/widget?shop_id=Ties-official-ec

5.いか

タコと来たらイカも食べたい!七味マヨネーズと一緒に食べると、お酒との相性も間違いなしです!

材料

・スルメイカ お好みで

・醤油 適量

・みりん 適量

・料理酒 適量

・生姜 適量

・にんにく 適量

・マヨネーズ 適量

・七味唐辛子 適量

調理法

1.醤油をベースに、酒・みりん・生姜・にんにくを少々混ぜ合わせ調味料を作ります。

2.下処理を済ませたイカと1の調味料をビニール袋に入れ20分以上漬け込みます。

3.網の上にイカをのせ焼いていきます。

4.火が通ったらまな板の上で一口大に切り完成です!七味マヨネーズにつけて食べると絶品です♪

4.鮎

難易度が高いと思われがちな鮎の塩焼きですが、簡単にバーベキューでできちゃいます! スーパーでも手軽に購入できるのでぜひ試してみてください♪

材料

・鮎 ・塩 適量 ・アルミホイル

調理法

1.下処理がされている鮎をアルミホイルの上にのせ、塩を振ります。

2.アルミホイルで鮎を包み、ホイル焼きにします。

3.じっくり火を通し最後に直接網に上にのせ焦げ目を付けたら完成です!

腹からかぶりつけばほくほくの鮎の食感と程よい塩気を楽しめること間違いなしです!

3.帆立

肉厚でジューシーな旨味がぎっしり詰まったほたてはお子様にも大人気であり、バーベキューには欠かせない食材ですよね。 定番のバター醤油で、お米にも、お酒にも相性抜群な帆立をぜひお試しください!

材料

・帆立

・醤油

・バター

調理法

1.火加減は中火がお勧めです!帆立の平らな方を下にして網に乗せます。

2.数分で殻が開くので開いたらひっくり返し、殻を外します。 この時火傷に注意してください。

3.数分で汁が沸々と煮えてくるので、身をひっくり返しながら焼いていきます。

4.身が白くなったら食べごろのサインです。 お好みでお醤油とバターを垂らし完成です♪

プリプリとした食感と上品な甘みが特徴の帆立。北海道産の帆立は全国的にも高い評価を受けています!今回紹介したバーベキューはもちろん、刺身や鍋料理など、さまざまな調理法で楽しめ、栄養価も豊富で健康にも良い食材として知られています。ぜひ、新鮮な北海道産帆立を堪能してみてください♪

https://sslwidget.thebase.in/items/59649087/widget?shop_id=Ties-official-ec

2.えび

子供にも大人気の海老!殻付きのまま豪快に焼くことで海老特有の香ばしい香りと外はカリカリ、身はプリプリの食感を楽しめます♪ シンプルに塩焼きでビールとの相性も間違いなしです!

材料

・海老

・塩

調理法

1.バーベキューで焼くえびは特に下処理は必要ないので、そのまま海老を網の上に並べ塩を振ります。

2.エビは火が通りやすいので、放置せず様子を見ながら焼いてください!

3.両面しっかり焼けたら完成です! 殻はそのままで食べてもよし、苦手であれば剥いて食べてもよし、お好みで召し上がってください!

エビにはたくさんの種類があり、バーベキューではお好みの種類を選んで問題ありませんが、今回ご紹介する北海シマエビは、北海道でも限られた地域でしか水揚げのない、とても貴重なエビです!ちょうど良い塩加減、ぷりぷりの食感、濃厚なミソ、シマエビの旨さを思う存分ご堪能下さい

https://sslwidget.thebase.in/items/59649021/widget?shop_id=Ties-official-ec

1.蟹 

みんな大好きな蟹!蟹をバーベキューで焼くと、甘みが引き立ち、身がふっくらとして美味しく仕上がります。蟹本来の風味を楽しめるだけでなく、炭火で焼くことで香ばしさも加わり、まさに贅沢な味わいが味わえます。また、蟹を丸ごと焼くので、食べ応えもたっぷり。バーベキューのメニューに取り入れると、パーティーやイベントでも大盛り上がり間違いなしです!

材料

・蟹

・薄口しょうゆ 適量

・酒 適量

・出汁 大さじ5(水、大5に出汁の素、小1/3)

調理法

1.身を切らないように注意しながら、ハサミで腕の殻を半分切ります。

2.網の上に置き、殻の方から焼きます。

3.殻に焦げ目がついてきたら、ひっくり返して焼いていきます。

4.身に焦げ目がついたら醤油を塗り乾燥するまで焼いていきます。

5.焼けたら皿に移し、ポン酢をつけて完成です♪ 最後の味付けはお好みで醤油やレモン、カボスもお勧めです!

今回ご紹介するのは、北海道産地直送のジューシーで甘い最高級タラバガニです! 水揚げされたタラバガニの中で、特に鮮度の良いものだけを厳選して仕入れ、プロの絶妙な塩加減で茹で上げた、最高な状態のタラバガニをお届け致します。 高級料理屋さんでお召し上がりいただく美味しさを、ご家庭でお召し上がりいただけます。ぜひご賞味ください♪

https://sslwidget.thebase.in/items/59648934/widget?shop_id=Ties-official-ec

海鮮BBQ変わり種メニュー♪

酒とイクラのはらこ飯

ここまでシンプルな炭焼きを10個ご紹介してきましたがいかがだったでしょうか? 海の幸を贅沢に味わった後、最後にご飯なんてどうでしょう? そこで最後にご紹介するのは「鮭とイクラのはらこ飯」! 美味しい海鮮とお酒、絶えない話で盛り上がった後の締めのご飯で最高なバーバキューの思い出を締めくくりましょう♪

材料と調理法

https://youtube.com/watch?v=IGToc7-9ZkE%3Frel%3D0%26controls%3D0%26showinfo%3D0

今回は、鮭とイクラのはらこ飯にピッタリないくら醤油漬けをご紹介します! 一口食べたらとろけるような繊細な美味しさを楽しむ事が出来る北海道産のいくら醤油漬けです。 この、いくら醤油漬けをさらに美味しくしているのは、熟練された職人の味付けです。 職人が数々の試行を重ねた結果、いくらの風味を殺さずに、ごはんと良く合う味に仕上げました。 このいくら醤油漬けでしか味わえない、限定の旨みを楽しむ事が出来ます。ぜひご賞味ください♪

https://sslwidget.thebase.in/items/59649153/widget?shop_id=Ties-official-ec

まとめ

これまで美味しさと新鮮さが絶妙なバランスで調和する、海の幸たっぷりの食材を厳選してランキングにしてみましたがどうでしたか? バーベキューで海鮮を炭火焼きすることで、香ばしくジューシーな仕上がりになり、さらに旨味が増します。 このランキングを参考に、自分だけのオリジナルBBQメニューを作り、大切な友人や家族との思い出に残るBBQを楽しんでください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です