筋子から挑戦しよう!自家製いくらの作り方!|合同会社Ties

「いくら」と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?高級な食材、豪華な料理、美味しいごはんのお供…そんな風に感じる人も多いかもしれません。しかし、実は自分で手軽にいくらを作ることができるんです!しかも、材料は筋子だけ。今回のブログでは、自家製いくらの作り方を詳しくご紹介します。最初はちょっと不安でも、大丈夫。コツをつかめば簡単にできますよ。ぜひ、筋子から挑戦してみてください!

知っておきたい!いくらと筋子の違いとは?

「いくら」と「筋子」。日本人なら誰でも一度は口にしたことがあるでしょう。

しかし、この二つの食材、実は見た目や味、食感などが似ているため、区別が難しいこともあります。あなたも、同じように感じていませんか?

そこでまずは、いくらと筋子の違いを詳しく解説し、見た目や味、食感の違いについても紹介していきます。

【筋子】

筋子から挑戦しよう!自家製いくらの作り方!|合同会社Ties

筋子とは、サケやマスといった魚の卵巣膜に入っている、小粒でプチプチとした食感が特徴の食材です。お腹から取り出したばかりの「生筋子」は、その鮮やかな橙色が美しく、まろやかな甘みが広がります。東北では、加工する前の筋子を「腹子」ともいいます。

一般的に、市場で販売されているすじこは、保存性を高めるために塩漬けされています。

さらに、「醤油漬け」や「味噌漬け」など、様々な味付けが楽しめるのも魅力の一つです。

【いくら】

筋子から挑戦しよう!自家製いくらの作り方!|合同会社Ties

対していくらは、筋子から卵巣膜を外してバラバラにした状態を指します。

いくら自体には味はないため、一般的には醤油漬けや塩漬けにされて販売されています。

イクラという言葉は、ロシア語で魚卵のことを指します。しかし、日本の漁師たちは、この言葉を聞き、鮭の卵のことを「イクラ」と呼ぶようになりました。

ですのでロシアでは、魚卵全般を「イクラ」と呼ぶため、鮭以外の魚の卵も「イクラ」と呼ばれています。

自家製いくらを手軽に!筋子からの作り方

自家製のいくらを手軽に作りたいけれど、手間やコストがかかりそうで挑戦できずにいる方も多いかもしれません。しかし、意外と簡単に作ることができるのです。

今回は、スーパーで手軽に入手できる筋子から、美味しい自家製いくらを作る方法をご紹介します。

ぜひチャレンジしてみてください!

【材料】

【作り方】

  1. 食塩水(水400ccに塩大さじ1程度)ですじこを軽く洗い、汚れを取ります。
  2. 40℃前後のお湯にすじこを浸して、卵の膜を傷つけずに指先で優しく薄皮から卵をほぐしていきます。一つ一つ丁寧に扱いながら、卵をほぐしていきましょう。
  3. 膜から剥がし終えてバラバラになった筋子を、冷水を流しながら薄い膜を取り除きます。
  4. ザルにあけ、しっかりと水気を切りましょう。
  5. 清潔な蓋付きの保存容器を用意して、調味料(醤油、酒、みりん)を混ぜ合わせます。調味料は目安ですので、卵が浸るくらいの量で調節してください。
  6. 容器に卵を入れたら30分〜1時間程冷蔵庫に入れましょう。味のなじみ具合はお好みなので、ご自身の好きな濃さでお召し上がりください♪

いくらの美味しさをさらに引き出すレシピもご紹介!

【海鮮の冷製パスタ】

筋子から挑戦しよう!自家製いくらの作り方!|合同会社Ties

以前のブログ:「海の幸たっぷり!BBQ好き必見の海鮮ランキング!」では、「鮭とイクラのはらこ飯」を紹介しましたが、今回は「冷製パスタ」を紹介します♪

プチプチと弾ける食感がたまらないプチプチいくらと、贅沢な海鮮がたっぷり入った、濃厚で美味しい海鮮冷製パスタのご紹介です。簡単に作れるので忙しい日のランチやディナーにぴったりです!

【材料 (2人分)】

【作り方】

  1. パスタは塩を加えて指定時間+30秒長く茹でます。
  2. ウニは飾り用の一部を残し、オリーブオイル、塩、胡椒の調味料と一緒に大きめのボウルに入れ、フォークを使って丁寧に潰し、混ぜ合わせます。
  3. パスタが茹で上がったらすぐに冷水に移し、よく水切りしてから2.のうにとよく混ぜ合わせます。
  4. ミニトマトは4分割、帆立はお好みの大きさにスライスします。
  5. お皿に盛り付け、切ったトマトと、スライスした帆立、飾り用に残したウニ、イクラを乗せ、最後にセルフィーユを飾れば完成です。食べる時はお好みでレモンを搾るとより美味しくいただけます♪

海の幸が自宅で手軽に!おいしい海鮮通販

近年、ネット通販で新鮮で美味しい海産物を手軽に購入できるようになっています♪

先ほど紹介した冷製パスタに登場した海鮮も、全て揃いますのでご自宅で手軽に海の幸をご賞味ください!

いくら

筋子から挑戦しよう!自家製いくらの作り方!|合同会社Ties

今回のブログの主役はいくら!すじこから手作りするのはちょっと大変そう…という方に、北海道産のいくら醤油漬けをおすすめします。皮も柔らかく、口の中でとろけるような繊細な美味しさを楽しめます。手軽に味わえる北海道の味をぜひお試しください。

いくら醤油漬け

ほたて

筋子から挑戦しよう!自家製いくらの作り方!|合同会社Ties

プリプリとした食感と上品な甘みが特徴の北海道産地直送のほたてです!

北海道産の帆立は全国的にも高い評価を受けています!鮮度のよいまま冷凍してあるため、ふっくら肉厚のほたて貝柱を堪能して頂けます。ぜひ、新鮮な北海道産帆立を堪能してみてください♪

ほたて冷玉

生うに

筋子から挑戦しよう!自家製いくらの作り方!|合同会社Ties

次に、北海道産の生うにです!北海道の海で育ったウニは、昆布を食べて育つことで他にはない風味を生み出します。美味しい昆布の栄養ですくすく育った生うにを自信を持っておすすめします!ぜひご賞味ください。

生うに

まとめ

自宅で手軽に作れる自家製いくらの作り方をご紹介しましたが、いかがでしたか?手間暇かけた自家製いくらは、市販品にはない美味しさがあります。さらに、海鮮好きにはたまらない「海鮮の冷製パスタ」のアイディアレシピもご紹介しました。

手間がかかる自家製いくらの作り方に少し大変と感じる方には、北海道産のいくら醤油漬けをはじめとする手軽な海鮮通販もおすすめです。自宅に直接届く海の幸を味わいたい方は、ぜひチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です